ライブオフィスとは?

実際に社員が働いているところを見ていただく場、それがコクヨのライブオフィス。
自分達の課題を解決するために取り組んだいくつものノウハウを皆様と共有します。
予約制の見学ツアーも用意しておりますので、お気軽にお申し込みください。

ご見学予約はこちら

札幌ライブオフィスのコンセプトはEZONE=エゾン。
そこには、北海道(EZO)に根ざした企業であるコクヨ北海道販売が、
お客様に喜ばれる価値を提供しつづけるために、
社員がイチガン(ONE)となって課題に取り組むという
働き方改革への思いが込められています。
「準備」「種まき」「育てる」「収穫」といった四季の巡りになぞらえて、
より発展する働き方を提案するEZONE。
ビジネスの可能性を広げる空間を、ぜひ体感してください。

冬 思考型の行動「準備」

情報収集や資料づくり、データ入力などが中心だった作成型の個人作業に、情報分析やアイデア・企画立案、方針決めといった作業をプラスすることで思考型の行動へとシフトさせます。

春 討議型の行動「種まき」

社内コミュニケーションを活発化させる、チームでの作業。そこでは意見交換やアイデア出し、アドバイスのやりとりを行いながら、意思決定の会議へと進める討議型の行動を採用しています。

夏 提案型の行動「育てる」

問題点を聞き出す、意見を述べる、一緒に考える、解決方法を提案するなどで、社外とのコミュニケーションを深める提案型の行動を実施。信頼を培いながら、ビジネスのチャンスを広げます。

秋 発展型の行動「収穫」

「準備」「種まき」「育てる」の一連の行動が実り、豊かな収穫へ。ここでは商談の成立や納品の完了、目標達成、成果の共有などを行いながら次へと向かう発展型の行動を実践します。

フリーアドレス席

営業ではフリーアドレス席を採用。部署にしばられることなく、好きな席につくことができるので、チームを超えたコミュニケーションが活性化。
社員それぞれの仕事の状況やノウハウの共有がしやすくなります。

販売支援( コールセンター)

販売支援チーム同士を背面対抗型のレイアウトへ。振り返るだけでメンバーのモニターを見ながら会話できるなど、コミュニケーションの強化と業務のスピードアップを実現しています。

DAYS カウンター / DAYSリビング

オフィスのなかにあるカフェのような空間。コーヒーやお菓子を食べながらリラックスモードで仕事ができるこのスペースは気分転換にぴったり。部門を越えたコミュニケーションも生まれます。

ミーティングコーナー(オープンタイプ)

オープンな空間にハイタイプのテーブルを置き、立ったままでミーティング。壁一面のホワイトボードにアイデアを書き出しながら、短時間で効率的な議論が促されます。

ミーティングコーナー( ブースタイプ)

オープンな空間が多いオフィス内で、集中したいときに利用するブースタイプのミーティングコーナー。空間のモードを切り替えると、生産性も向上します。

セミナールーム

お客様やパートナーを招いてセミナーやワークショップを行う空間。外部の人とのコミュニケーションが生まれ、アイデアやノウハウの共有に繋がります。

カタログコーナー

提案に必要なカタログ類を一カ所に集約。大きなテーブルを配置し、みんなで集まり、資料を広げての作業が可能。手を動かしながらワイワイと、他の場所とは違ったモードで仕事ができます。

カイゼンボード

オフィス環境を維持するためにオフィスカイゼン委員会を設置して、定期的にカイゼン活動を実施。社員が日々のオフィス運用で気になることをカイゼンボードに貼っていくことで、カイゼン活動の進捗がわかるつくりとなっています。

オフィスデータ

総面積
約955m2(約290坪)

■人員と座席数

エリア 人員数 フリーアドレス 固定席 合計
営業 32名 30 0 30
受注・財務 17名 0 20 20
設計 5名 0 5 5
合計 54名 30 25 55

ご見学予約はこちら

営業時間/9:00~17:30
休館日/土曜、日曜、祝日、年末年始及び夏期休業日、会社行事日
※お越しの際は事前にご連絡ください

一番上に戻る